ミュージアム・研究室

  • 制服の気になること、なんでもコラム ユニホームぽけっと
  • トンボ歴史資料館 八正館

日本のユニフォーム(学校制服)

  • 書生

    書生

    書生

    作家や学者・政治家などの家に住みこみ、衣食住の世話になりながら勉学に励む弟子、または学業を志す若者(男子)のことを指す。シャツ、着物、袴、下駄履きに書物を抱える姿が一般的であった。

  • 明治期女学生

    明治期女学生

    明治期女学生

    明治5年、文部省女学校では男子学生に準じた羽織袴姿を上申したが、当時、羽織は男性専用着であったため、男女差をつけるために袴のみ許可したという経緯がある。

  • 華族女学校のドレス

    華族女学校のドレス

    華族女学校のドレス

    明治18年、華族女学校一期生が卒業時にそろえて誂えたドレス。バッスル・スタイルの華やかなものであったが、庶民からの評判は低かった。 (平成9年復元)

  • 帝国大学

    帝国大学

    帝国大学

    明治19年、制帽とともに制定。詰襟・金ボタンの形で、現在の学生服のルーツと考えられる。当時は、学生各自が注文服として仕立てたので、素材や形状に違いがあった。

  • 福岡女学校

    福岡女学校

    福岡女学校

    大正11年4月より採用。制服に合わせベレー風の帽子も制定された。日本で最も早くセーラー服(上下セパレート型)を取り入れた学校の1つ。外国人のリー校長が欧米各国の服を調査し、当時流行していたセーラー衿の服を採用した。 ⇒セーラー服の歴史

  • バンカラスタイル

    バンカラスタイル

    バンカラスタイル

    旧制中学や高校ではエリート意識の裏返しとしての「バンカラの気風」があり、弊衣破帽、腰手拭に朴歯下駄のスタイルも多かった。マントを着用するスタイルも特徴の一つ。

  • 小倉木綿の通学服

    小倉木綿の通学服

    小倉木綿の通学服

    昭和5年、当社では通学服を製造開始。小倉木綿製の冬服。まだ着物姿が多かった当時、これはモダンスタイルだった。小倉木綿とは小倉で最初に織り出された生地のこと。(昭和20年代)

  • 霜降りの通学服

    霜降りの通学服

    霜降りの通学服

    夏服として着用された杢糸使いの霜降り学生服。折襟スタイルで小学生向きデザインであった。カスケード調(滝の流れの意味)の素材と色味で清涼感を表現した。(昭和20年代)

  • がら紡の通学服

    がら紡の通学服

    がら紡の通学服

    物資の貧しい時代、ボロ布、繊維くずなどを原料に生地を織り、通学服に仕立てた。織機のがらがらという音から、これで織られた生地をがら紡と呼んだ。(戦中、戦後)

  • イートン型通学服

    イートン型通学服

    イートン型通学服

    学生服業界では衿無しジャケットをイートン型と呼ぶ。存来の詰襟型と区別し、新しいタイプの通学服を広めるために、英国の名門学校であるイートン校の名を借用してアイテム名をつけたと考えられる。(昭和30年代)

  • ブランド制服
    (カンサイスクールフォーム)

    ブランド制服(カンサイスクールフォーム)

    ブランド制服
    (カンサイスクールフォーム)

    DCブランド全盛の時代に、学校制服にもブランドが導入される。当社は平成元年、山本寛斎氏が手がけるカンサイスクールフォームを発表。個性的なデザインで人気があり、私立の学校に採用された。

  • ブランド制服(ヒロミチナカノ)

    ブランド制服(ヒロミチナカノ)

    ブランド制服(ヒロミチナカノ)

    平成6年、十代に人気の中野裕通氏のブランドを立ち上げる。ノーネクタイなど活動的なデザインを提案。生徒が着たいと思う制服を考え、学校生活が楽しくなるような提案を続けている。

  • エコ素材制服

    エコ素材制服

    エコ素材制服

    地球環境にやさしい制服として登場。ペットボトルから再生した繊維を使用し、詰襟のほかセーラー服やシャツ、ポロシャツなどを展開。使用後回収し、ダブルリサイクルも提案。(平成11年~)