商品開発の流れ

満足いただける商品づくりを目指して

お客様のニーズに応じて、満足いただける商品づくりを目指し、日々研究・開発をすすめ、
安心・安全快適に着用いただける商品が提供できるよう、日々努力を重ねています。

  • 研究開発

    衣服としてだけでなく、着用した際の心理変化など、様々な角度から体育着を研究しています。

  • 商品企画

    時代と感性の変化にあわせて、デザイン以外に機能性、イージーケア性、快適性、耐久性など、多角的な視野で企画・設計しています。

  • 設計

    生徒世代の最新の体型データを収集・分析し、人間工学に基づいた立体パターンを基に商品設計を行っています。

  • 品質認証

    世界共通の品質基準「ISO9001」に準じた「トンボ品質基準」を定め、お客様が安心できる品質の維持向上に努めています。

  • 裁断

    材料のムダをなくすため、各パーツの配置をコンピューターで設定、自動裁断機で正確にパーツをカットしています。

  • 縫製

    伸縮性の高い素材が多いためミシンの調整をしながら、仕様書の指定通りに細心の注意を払って縫製しています。

    伸縮性の高い素材が多いためミシンの調整をしながら、仕様書の指定通りに細心の注意を払って縫製しています。

  • 仕上げ

    商品に使われている素材のコンディションに合わせて、温度や圧力を調整したアイロンでパーツごとに仕上げていきます。

    学校ごとのマーキングプリントも対応しています。

  • 検査

    商品はすべて仕様書どおりに縫製されているか、針の混入がないか、1点ずつ検査を実施しています。

    縫い針の数量と形状を台帳管理しています。万が一折れても、針の欠けた部分をすべて回収し、基の形状と比較して確認します。

  • 物流

    整理整頓された倉庫内は、棚ごとに管理No.が付けられており、倉庫内の商品はコンピューターで管理され、在庫状況がリアルタイムで確認でき、スムーズな対応が可能です。

    入・出庫管理はバーコードで管理しています。

  • アフターサービス

    「お客様相談室」を設置し、お客様のご意見を迅速かつ丁寧に対応するだけでなく、貴重な情報として全社で共有し、商品やサービスの向上に反映させています。

体操服・体育着