• 個人のお客様
  • 学校関係のお客様
  • 販売店の方

制服のお洗濯【応用編】

Q1

Q1.制服の手洗いのコツは?
A1.素材の種類や汚れの状態に合わせた手洗い方法を覚えましょう。

手洗いの良い点は、素材の種類や汚れ具合に合わせて、汚れ落ちを確かめながら洗えることです。
手洗いと言っても、さまざまな方法があります。手洗いの方法を上手に組み合わせることで、素材を傷めずしっかりと汚れを落しましょう。

制服を洗う際の代表的な洗い方としては

押し洗い
上着やスラックス、スカートなどを手洗いする、最も基本的な方法。
つかみ洗い
上着の衿や袖口を洗ったり、部分的に付いたシミ等を落とすときに洗う方法。
もみ洗い
シャツ・ブラウスの衿や袖口など、汚れが落ちにくい部分を洗うときの洗い方。

※この他にもさまざまな洗い方があります。チェックポイント『手洗いの方法』をご参照ください。

チェックポイント【手洗いの方法】

Q2

Q2.ネクタイやリボンの洗い方は?
A2.制服から外して手洗いしましょう。

ネクタイやリボンは制服から外して、制服とは別に手洗いしましょう。

ネクタイやリボンは、丈夫なポリエステル素材でつくられているものが多いのですが、細かい縫製なので型くずれしやすいものもあります。

一般的な衣料用洗剤(無けい光)か中性洗剤(ウール・おしゃれ着・ドライマーク衣料用洗剤)を使用し、押し洗いしながらしっかり汚れを落としましょう。

  • 型くずれを防ぐため、脱水はねじって絞ることを避け、押し洗いの要領で上から押して水気を切りましょう。

Q3

Q3.ドライクリーニングって何?
A3.水を使わないで、有機溶剤を使う洗濯方法です。

家庭洗濯のように水を使う洗濯をウエットクリーニング(ランドリー)と言います。
しかし、ウールなどのデリケートな繊維は水につけると傷みますので、有機溶剤を使って洗濯するドライクリーニングがベターです。

  • ドライクリーニングは有機溶剤で汚れを落とすため、水では落ちにくい『油溶性の汚れ』を落とすのに効果的です。 
    しかし、『水溶性の汚れ』『不溶性の汚れ』はドライクリーニングで、十分に落とすことができません。この場合は、ウェットクリーニング(水洗いクリーニング)がおすすめです。ウェットクリーニングについては、クリーニング店にお問合せください。
油溶性の汚れ 皮脂、マヨネーズ、牛乳、バター、ワックス、化粧品
水溶性の汚れ 汗、しょぅゆ、コーヒー、紅茶、日本茶、果汁
不溶性の汚れ 泥、すす、チョーク、カビ

注意!!
『水溶性の汚れ』『不溶性の汚れ』を残したままにしておくと、色あせや風合いの劣化の原因になる場合があります。

【クリーニングに出す前に】

チェックポイント【もっと知るドライクリーニング】クリーニング店に出す前にシミ汚れのチェックをしましょう。
汚れがついている時は、その場所と原因をお店の人に伝えましょう。

Q4

Q4.シャツを黄ばませないコツは?
A4.汚れたら、できるだけ早く洗いましょう。

着用、洗濯を繰り返すと、白いシャツ・ブラウスは次第に衿や袖口、脇などに黄ばみが目立ってきます。
主な原因は、皮脂などの油汚れがたまり、酸化されて変色するためです。

シャツ・ブラウスを黄ばませないコツは、汚れたらできるだけ早く洗濯し、しっかりと汚れを落とすことです。
さらに、アイロンがけの際に衿や袖口にのりづけをしておけば、洗濯で汚れが落ちやすくまります。

もし、黄ばんでしまったら、市販の漂白剤を使用することにより、ある程度白さを回復させることができます。

  • 漂白剤にはいろいろな種類がありますので、衣料の状況に合わせて使い分けてください。

チェックポイント【漂白について】


トンボの学生服・制服に関するお問合せ

フリーダイヤル0120-314-253

専用フォームでのお問合せはこちらからお客様相談室(お問合せ)