最先端の3大システム

最良の制服作りをより的確にサポートする先端システム

最良の制服作りをより的確にサポートする先端システム

最新鋭の設備・機器を備える本社新工場は、カッティングセンターとの接続により、裁断から仕上げ・入庫までが一つの流れとなり、生産におけるクイックレスポンスが一段と向上しました。さらに最先端の3大システムにより、生産工程の最良な管理・コントロールを行い、多品種少量生産を可能にすると共に《高精度・高品質化》《短納期化》を実現し、多彩なユニフォーム・ニーズに的確にお応えします。

TOPS(生産管理システム)

TOPS(トプス・システム)
生産管理システム
工場全体の頭脳的な役割を果たすシステムです。本社コンピュータと連動し、生産計画や納期管理、資材調達のコントロールに役立っています。

AGMS(自動設計システム)

AGMS(エージーエムエス・システム)
自動設計システム
スピーディな多品種少量生産を可能とするシステムです。パターンメイキングやグレーディング、マーキング、仕様書作成などをスピーディに正確に行います。

TPAM(工程進捗管理システム)

TPAM(ティーパム・システム)
工程進捗管理システム
バーコードにより、裁断から仕上げまで、生産ラインを管理するシステムです。商品の製造ロット別、サイズ別、工程進捗状況を細かく管理することができます。

最良の制服づくりを提供しつづけるために

この工場には目に見えない大切なものがあります。
どんなに工場の設備機器類やシステムが進化しても、縫製加工にはすべての工程に人がかかわっています。ですから、設計から仕上げまでスタッフやオペレーターのひとりひとりが、些細な作業でも「トンボ品質」を意識し、情熱をもって行動していくことが大切だと思っています。ご縁があって「トンボ」の商品に袖を通していただける方々に「トンボ ブランド」のものづくりの精神(こころ)が伝わることを願っています。

ページのトップへ