洗濯絵表示


平成28年12月から衣類等の繊維製品の洗濯表示が変わります。
以前の絵図と日本工業規格 JIS L0001 にならった表示との新旧対比はこちらでご確認ください。

詳しくは消費者庁の家庭用品品質表示法「製品別品質表示の手引き」をご覧下さい。

改正JIS絵表示の新旧図柄対比

分類 現行JIS 改正JIS 改正ポイント
洗い方
  • 洗濯機が桶の図柄に変更されています。
  • ヨコ棒1本は、弱い操作を、ヨコ棒2本は、非常に弱い操作を示しています。
漂白
  • 酸素系漂白図柄(中央)が追加されています。
アイロン

  • ドットの数により、アイロン温度を示しています。
    ●●●
    は、上限温度200°C
    ●●
    は、上限温度150°C
    は、上限温度110°C
商業ドライ
クリーニング
  • 「P」はパークロロエチレン及び石油系溶剤を、「F」は石油系溶剤を使用した処理が可能です。
  • ヨコ棒1本は、弱い操作を示しています。
絞り方 JISL0001では絞り方は乾燥方法に含まれます。
自然乾燥
(干し方)
  • タテ棒は、吊り干しです。
    2本の場合は、吊りの濡れ干しを示しています。
  • ヨコ棒は、平干しです。
    2本の場合は、平の濡れ干しを示しています。
  • 斜線は、陰干しを示しています。
タンブル
乾燥
新設
  • ドットの数により、乾燥機の排気温度を示しています。
    ●●
    は、80°C
    は、60°C
ウエット
クリーニング
新設
  • 業者によるウエットクリーニング処理が可能です。
  • ヨコ棒1本は、弱い操作を、ヨコ棒2本は、非常に弱い操作を示しています。

※旧JIS図柄と改正JISの図柄は、試験機種や処理条件が異なるため、同一とは言えません。

参考資料:一般財団法人ボーケン 品質評価機構

ページのトップへ