企業情報

いい服の日

11月29日 いい服の日

トンボは、最良のユニフォームメーカーを目指し、こだわってものづくりをしています。
着る人が着心地に満足し、大人になれば自分の子どもに着せたくなるようないい服をつくることがトンボの使命です。

その気持ちを新たにする日として、いい服の日を制定しました。

※11月29日は、「いい服の日」として、平成22年に日本記念日協会へ登録され、また商標としても平成24年に登録(第5475781号)されています。

トンボ「いい服の日」 記念式典

「いい服の日」に合わせて記念式典を行い、良いアイデアや技術の発表を行っています。

式典は、トンボ学生服の基幹工場である玉野本社工場で行い、語呂合わせで11時29分から式典を開始します。工場で働く全員が見守る中、入選作が披露され、『次は私も・・・』とアイデア意欲を掻き立てる内容になっています。

※写真をクリックすると拡大表示します。

社内での募集はもちろん、HPなどにて「学校制服アイデアコンテスト」として、一般応募も受け付けています。

制服を着用する生徒のみなさん、それを見るご家族や先生方の声を大切にしながら、より良いものをつくっていきたいと考えるトンボの気持ちの表れです。

トンボは、いい服への追求を続け、丈夫で着やすく美しい制服をつくり続けます。

学校制服への想い